何にも使っていない空いた土地をそのまま所有しているよりも、その土地を利用して賃貸経営に参入することで安定して長期的な収益を生み出すことができます。また、銀行に蓄えている預金に関しても、銀行に預けず賃貸経営に利用した方が大きく金利を上回る利益を期待できます。

■使っていない土地を利用して良質な賃貸経営を運営すれば土地そのものの価値が向上します
空いた土地をそのまま所有しておくよりも、賃貸経営に利用した方が土地そのものの価値を向上させることができます。近年、不動産の価値を算出する計算方法は、その不動産が生み出す収益を基準にして考える見方が広まっているからです。もしも、更地や使っていない土地を利用して賃貸経営に参入し、健全な経営を実現して、人気が高く、良質な賃貸住宅を生み出すことができた時。

賃貸住宅そのものの評価は勿論のことですが、住宅に加えて土地そのものの価値もあがります。

■お金は銀行に預けているよりも賃貸経営に利用した方が長期的に安定した収益を生み出すことができます
土地に加えて、普通預金で銀行に蓄えているお金も、賃貸経営に利用することで安定して長期的に収益を得ることができます。今現在、銀行預金はずっと低金利が続いているので、いつまで預けていても金利による収入は期待できないからです。それに対して、賃貸経営は事前に綿密な計画をしっかりと錬る姿勢があれば、深い専門的な知識や多大な労力をかけることなく毎月一定以上の収入が見込めます。

賃貸経営は深い専門知識や多大な労力を必要としない、誰でも真面目に取り組めば長期的に安定した収益を生み出せる事業です。ですから、まとまった財産や土地を放置したまま眠らせている方は、ぜひとも賃貸経営への参入をご検討ください。