賃貸経営で利益を生み出すためには、自分で期待できる利回りを裏づける情報を収集し、決断する必要があります。どれほど計算上の利回りが高く算出されたとしても、実際に入居者が定着しなければ利益は出ないからです。

■計算上の利回りに加えて現実にそれだけの収益を裏打ちする情報を収集しましょう
賃貸経営においては、計算して算出された利回りを裏打ちする情報の収集が必要不可欠です。賃貸物件の販売会社から提供される情報をまとめ、正確な利回りを算出しても、入居者がいなければ全く利益は生まれないからです。

賃貸経営は長期的に安定した収益が期待できる事業ではありますが、他のあらゆる事業と同様に、その賃貸物件に住み込むお客様あっての経営であることを理解しましょう。

握手をする手のイラスト

■賃貸経営を成功させるためにはその物件に入居する人間がその地域にどれほど期待できるかを考えてみましょう
利回りに加えて、そこに入居する人はどういう人なのかを理解し、その物件の地域における需要を把握することが賃貸経営を成功へと導きます。

賃貸物件の需要は、入居者の平均年齢や経済状況、その地域全体の生活環境などによってさまざまに変動するものだからです。

賃貸経営においては、その賃貸物件を利用するお客様がどんな人で、どれだけの人数がいるのかを事前に想定する必要があります。

例えば、高級マンションであったならば、そこに入居する人間は当然、高所得者層に限られてきます。他のあらゆる事業と同様に、賃貸経営においても、その賃貸物件を利用するお客様の需要を正確に理解する必要があります。

ですから、賃貸物件を販売する不動産会社が何を言っても、その賃貸に入居者が現れるか否かを最終的に判断するのは自分自身であることを理解しましょう。