家賃の滞納は賃貸経営の収益全体を左右する大きな問題と言えます。
ですから、家賃を滞納する入居者がいた場合には、場合に応じて適切に対応するように心がけましょう。

■家賃滞納は賃貸経営において収益全体に影響する最も大きな悩みの一つです

家賃滞納は家賃経営者にとって最も大きな悩みの一つで、収益全体の成否を左右する重大な問題であると言えます。
家賃滞納が起こる理由はさまざまで、滞納した入居者に家賃の支払いを促せば解消される程度の軽度な理由もあれば、改善の余地がないケースもあります。
家賃滞納のよくある理由は、単純に家賃を納めることを忘れていた場合や納めるためのお金が手元にない場合、旅行や出張などで長期間出かけていた場合などです。

■家賃の滞納のほとんどは一時的に支払が遅れているだけであることがほとんどです

家賃滞納の理由は数あるものの、多くの場合は一時的に支払いが遅れているだけなので、時間が経てばきちんと納められるケースがほとんどです。
一時的な遅れも気になる場合には、賃貸物件の管理者に頼んで、家賃の入金状況の確認を定期的に行ってもらうようにしましょう。
そして、支払いの遅れが頻繁に起こる入居者に対して、家賃の支払いの遅れを通知することで、しっかりと納めるように意識づけることができます。

■悪質なケースの場合は法的手段に訴えるか連帯保証人に連絡する必要があります

全く家賃を支払う気がなかったり、頻繁に居留守を使う悪質なケースの場合、場合によっては法的手段に訴えて差し押さえや明け渡し請求、契約の解除を行う必要があります。
また、入居者が失踪して行方不明である場合には、連帯保証人に連絡して事情をたずね、滞納した家賃をどうするか相談することになります。

家賃の滞納にはさまざまなケースがありますが、賃貸経営の収益そのものである家賃に対しては特に迅速な対応を心がけるようにしましょう。